Monday, December 26, 2016

‘ロシア大使暗殺’茶番劇に駄目押しの一枚&和歌山毒カレー事件に新事実!&毒のLEDだけど、クリスマス・ライト

前々回の記事で書いた、

いずこの国でも報道は嘘八百!! 島根女子大生殺害からプリウス、ロシア大使の暗殺まで、よくも平気でホラ吹きまくり!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/12/blog-post_22.html

ロシア大使暗殺の茶番、決定的証拠が出ていましたね。
https://twitter.com/jackiemopsy/status/811274023942389765

カメラ目線を気にして額を直すなんぞ、人殺ししたあとにやるもんじゃない!
どこから漏れたのか、boさんがどこから拾ったのか不明ですが
ヤラセにうんざりしている内部関係者がリークしたのでしょう。
他にも、英デイリー・メールの動画で病院に運び込まれる映像
鮮明でないし、よく見えないが どうやら上半身を裸にしているみたい
なんだけど、包帯を巻いてあるのか丸裸かよくわからないながらも
鮮血に染まっている感じが皆無!! それに第一「その場で死亡した」
という報道も見かけたけど、瀕死だったにせよ何にせよ、こんな風に
裸にして運ぶ!?? せめて何かかけるんじゃない?
#実に、下手な芝居です。

ドイツでの’テロ’騒ぎも
インチキISが犯行声明を出したとなったら、それだけでヤラセ確定。w
英語で、ヤラセだという動画を見ていたのですが
リンク控え忘れで ここに出せないが、結構よくまとめてあると思っていたら
そこから「地球は平」話に行ってて、どうしようもない。(>_<)

私は9/11以来目覚めましたが、どうもそうした「目覚めた人をまた騙す」
攻勢がすごいですよね。何度でも言うけど、例の<明治天皇すり替え話>も
詳しく知らない初期段階から私は、成人してから立派な体格に変わった人も
知っているし、「種痘を打ったのにアバタ」という話も、みんなワクチン詐欺
には目覚めたはずですよね?? だったら、「打ったからこそアバタができた」
と解釈するのが正しいでしょうに。

おまけに、どの記事だったか「今上天皇に似てますよね」と書いた皇族が
実は、<すり替え話>を広めた連中が、「若き日の明治天皇」として紹介した
写真の人物だったようだし。
しっかり読んでね↓ オープン・マインドで
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n295286

その方ほか、当時存命の皇族がすり替えを見逃すはずがない!という初歩的な
疑問もすっ飛ばして、抗日運動家が作った出版社の出した本を
鵜呑みにしている人々には、もう一度立ち止まって考えて戴きたいと思います。

それから最近、一応言及しなきゃ!と思っていたことのひとつが
和歌山毒カレー事件に新たな展開!!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10166953385

そこの、

ベストアンサーに選ばれた回答
november20d2016さん
2016/11/2014:09:00
河合潤@京都大学です.


検索したら、すぐ出ました。

Materials Informatics
Kawai Laboratory
京都大学大学院工学研究科材料工学専攻物質情報工学研究室-河合研究室-

http://www.process.mtl.kyoto-u.ac.jp/

new上羽 徹,河合 潤 : 和歌山カレーヒ素事件における亜ヒ酸鑑定の問題点,X線分析の進歩,47,89-98(2016)
中井意見書および河合意見書(1)~(10)全文含む
pdf file (11.1 MB)
http://www.process.mtl.kyoto-u.ac.jp/pdf/shinpo47_kawai.pdf

これで林死刑囚の行く末に変化が生じるのか否か?は
一人でも多くの一般市民がこの新事実の出現を知ることではないか
と思います。まさか、この新事実をいくらなんでも無視はしないと思うが

そして今日の最後、あまり固いことを言いたくないけど
(メルボルンの似非警官もクリスマス、サンタの帽子)
前にも言ったっけ? 背中のベストの文字
Protective Services 会社だから、サービスを売っているw

そして やっぱり目に、健康に悪い LED
大分前から車のヘッドライトに使われ出して、最初から私は
気に入らなかったのです。従来のライトに比べ、すごく眩しくて
目が痛くなる
写真でも わかるでしょ。後続車、左の青白いのがLED。
街灯も、徐々にそこら中 LEDに変えられているし
老人ホーム(の駐車場)にもメチャクチャつけまくっていて、明る過ぎ!
とにかくその毒のライトを山と使ったクリスマス・ライト。
ネットに出せば、皆さんに害を与えはしないだろうと思いたいが
チョイと楽しんで戴ければ。最初の一枚は、とあるお店のウィンドウ
こちらはクリスマス風ではないのだけど、メルボルンはコリンズ通りの
ディオールも LEDで眩しい!
その隣のシティー・スクエアには、ちゃんと見なかったけど キリスト生誕周辺の話を掲げているみたいでした。
ついでに、どこかサタニックな雰囲気の同通りにあるショー・ウィンドウ
綺麗は綺麗ですけど
あとは、民家のクリスマス・ライト
これなんかメチャ明るくて、見てるだけで目が痛くなる…(ー_ー;
娘が小さいときに回って見てた頃は、目が痛くなるなんて経験は皆無だったのに
近年ガンガン悪くされてきましたよ。

色は綺麗だけど、皆 例のブルー・ライトが入っている。しかも以前より強い感じ
色に関係ないブルー・ライトは体に毒で、睡眠障害を起こす
電気代もバカにならないと聞いているので、こうしてつけてくれる人々は
心優しい人たちだと思っていますが、殊に下の一連の写真は
なんと一軒の家なのですよ。ものすごく たくさんつけていて
(今日はやけに画像アップがうまく行かず、時間ばかりが経過する
 一旦アップロードしていて、じき終わりと思ったら逆戻りする ひどさ!
毎年飾り付けるだけでも、とっても大変だと思う。
撮る瞬間で、こんなに違う明るさ
本当に眩しい。
綺麗は綺麗で、そこら中に色々置いてあるのも楽しいけど
光り過ぎててわからないかも?ですが奥の方の小屋には OPEN のサインが
そのなかにも色々な小物が置いてあり、訪れる子供たちには
お菓子まで用意してある。
というわけで、画像アップ妨害で 3時間位余計にかかり(悪質ブロガー!
「サタン」なんて書いたから?)日付けは すっかり変わっちゃった上に
実はサタンの為のお祭りだ(Santa → Satan)とも言われるが
皆さん、メリー・クリスマス!(^^)
#画像アップ後も、記事アップまでに またゾロ妨害だらけ(怒)

つけられるか、最後におまけ。(^^)

https://youtube.com/watch?v=4nnnMKz8FPI

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment