Saturday, December 4, 2010

トロイの木馬だったウィキリークス。詐欺師&工作員ジュリアン・アサンジ

工作員「バルセロナより愛を込めて」こと「童子丸開」こと「江熊ひろし」こと本名「???」

がなんだか嬉しそうに阿修羅に投稿していたウィキリークスの一連の暴露話を(最近は代わりにお仲間のダイナモが投稿していた)、こちらの70歳代の知人までもが「とんでもないことだ!」と言って話題に出してきたうえに、なんとロイターでは

Wednesday, December 1, 2010

工作員「きくちゆみ」の摩訶不思議な舌出し&ホ・オポノポノと統一協会

ケムトレイルの掲示板で教えてもらったリンクなのですが、このビデオ、実は数年前に工作員「きくち」の仲間の「ダミアン」ことデイミアン・アンドリューズが送ってきた中にあったものでした。しかし今回改めて見たら、以前は気づかなかったことに気づきました。

9.11テロ ホワイトハウスの自作自演? 3 / 3

fujitaclub | July 30, 2009
2006年05月12日放送
http://www.youtube.com/watch?v=Z0dNZRKu10g

Wednesday, November 24, 2010

本当に本気? FOXがWTC7崩壊の嘘を訴える犠牲者たちの意見広告に反応

これまで私が何度も言及していて2008年NYCでお会いしたこともある、息子さんを失ったボブ・マクルヴェインとおじさんをなくされたマニー・バディーヨをはじめとする遺族が、今年の記念日前後にニューヨークのTVで公式発表は事実と違うことを訴える意見広告を流しました。それについて以前、【必読】 9/11の「真の調査」とは? - NYC CAN 「どのビルだって?」キャンペーンという記事を書きましたので、覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

とにかくそれに反応して、なんとあのマードックのFOXが、かつてジミー・ウォルターなどを散々馬鹿にしまくったジェラルド・リヴェラの番組で取り上げました。

FOX Geraldo Rivera Covers Building 7 and 911 Truth Ad Campaign
WakeUpToTheNWO
http://www.youtube.com/watch?v=Nl5GcRnQx9s

Monday, November 22, 2010

続報・フル・ボディー・スキャンと嫌らしいパット・ダウン~遂に政治家も米下院で「金が目的だ」と批判!

「奴隷として平和を得るより、危険があっても自由でいることの方がいい」の結句(まだの方は←を先にお読みください)を残し、「法的措置をとる」と公言していたメンフィスのパイロット、マイケル・ロバーツが人権擁護の非営利団体、ラザフォード・インスティテュートの弁護士等と「合衆国憲法修正第4条(不当な捜索や差し押さえを禁止する条項)に違憲ではないか」を論点に連邦裁判所で争うため、DHS、国土安全保障省とTSA、運輸保安局を相手に訴訟を起こしました

会社(エキスプレス・ジェット社)からは休暇を取らされたマイケルですが、このビデオ↓では「スキャン(AIT)で丸裸を見られたり、性器を含めて体中を触られるのはとんでもないことだ」と語り、「空港の保安に異を唱えるわけではないが、他の方法を取るべき」と主張しています。

CNN - Pilot files lawsuit over TSA body scanners
sypdat3k
October 27, 2010

ローマで、ケムトレイルとHAARPに抗議する集会が開かれる

ケムトレイルの掲示板にリンクが投稿されていたニュース。

イタリアはローマで20日、ケムトレイルとHAARPに反対し、人々の間にこれらの問題を知ってもらおうというイベントが開かれました。当日の模様は下のビデオで

といってもイタリア語なので、途中から最後まで語り続けるおじさんのスピーチはチンプンカンプンなんですが(^^;、

MANIFESTAZIONE "STOP SCIE CHIMICHE" - 20 NOVEMBRE 2010 - ROMA - NOI C'ERAVAMO !
http://www.youtube.com/watch?v=CZGcN34-kcs

Wednesday, November 10, 2010

「国連がケムトレイル散布を中止!」と期待したのもつかの間...

夕べというか、夜中にシコシコこれを書き始めたのですが、ブログ記事書き込み画面に書き溜めた文章があっという間に全部削除されてしまいました。以前にもやられましたが、工作員「きくちゆみ」の仲間の「ダミアン」ことデイミアン・アンドリューズだろうと思っています。

「コンピューター関係に詳しい」人物で、パスワードの設定までやって準備してくれて、このBlogger.comでブログを作るよう、私に強く強く勧めた男ですので。

彼が用意したパスワードなどはもちろん使っていませんが、何か裏の手があるのでしょう。そういう知識はあるにせよ、愚かな男です。
とにかく 一から書き直しますね。↓
============================================

ケムトレイルの掲示板で「ケムトレイル散布中止の申請が国連で、とロイターが報じている」という書き込みがあり、その記事を探そうかと思っているところへ9/11のトゥルサーでもあるG・エドワード・グリフィンからのニュースメールが届きました。そこには

カレンダー&写真展 - オバハンこと督永さんと森住さんからのお知らせ

工作員アンドリューズは買い物か(表向きの)仕事にでも出かけたか?(^^;
再度、ブログアップに挑戦です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

パキスタンのオバハンこと督永忠子さんから、森住卓さんの写真展とカレンダー発売のお知らせが来ました。

森住さんは、DU(劣化ウラン)などの被害を受けているような危険な地域でも取材のためなら迷うことなく飛んでいく、大変勇気のあるプロの写真家です。督永さんも、アフガニスタンの貧しい&困難な目に遭わされている人々の力になろうと何年も活躍なさっておられ、お二人とも、京都大学原子炉実験所の小出裕章さん同様、私が尊敬、信頼する大事な仲間です。

お時間に都合がつくようでしたら是非足をお運びください。
また、督永さんたちの努力を支えるためにもカレンダーの購入や、このお知らせの転送・転載方よろしくお願いいたします。

では、督永さんのメールを以下に転載します。
==============================================

大変、ご無沙汰をしております。
今年も残りが少なくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

またもや陰湿な嫌がらせ

前にもありましたが、またも、ブログ記事を書いていると突然、その画面から全部の書き込みが消えるという現象が起きています。

すでに夕べと今とで二度、3つの記事。
うちひとつは、パキスタンのオバハンからの(森住卓さんの)写真展とカレンダーのお知らせメールの転載です。

多分工作員「きくちゆみ」の仲間の"ダミアン"ことデイミアン・アンドリューズがやっているものと思っています。
#ASIO(豪州のFBI)でなければ。

アンドリューズは日本語の読み書きも出来ないと聞いていますので、「何でもかんでも消してやれ!」と思って見境なしにやっているのでしょう。善意の人々の演技をして、実態は犯罪者といっても過言ではない。
「きくち」は確実に千数百万円を猫ババしましたし

Tuesday, November 9, 2010

フル・ボディー・スキャンを拒否した航空会社のパイロット - 目覚め続ける市民たち

オランダのスキポール空港で2007年5月15日に最初に設置されて以来世界中で使われ始めたフル・ボディー・スキャンを、出勤途上だった米国のパイロットが拒否して話題になっています。

エクスプレス・ジェット社のパイロット、マイケル・ロバーツはこれまで4年半もそうしてきたように、メンフィスの自宅からヒューストンの会社へ出勤のため10月15日(金)にメンフィス国際空港へ出向きました。

すると、TSA(Transportation Security Administration、運輸保安局)の職員が「靴を脱いで(X線スキャナーのコンベア・ベルトに置き、新たに設置された)フル・ボディー・スキャナーに入れ」と言う。

このスキャナーは「AIT, Advanced Imaging Technology 高度画像技術」と呼ばれる代物で、こんなことはこれまで一度も要求されなかったことでした。

カナダのウォータールー市で、住民投票がフッ素化を止めた!

「フッ素は歯にいい」と一般に信じられていますが、実はフッ素は猛毒です。

DU、「劣化」ウランと同様に「きちんと処理するには費用がかかる毒性廃棄物」なので、その費用を出すより「歯にいい」という神話をでっち上げて一般市民の使う歯磨きや水道水に入れて私たちに売りつけて儲けるというインチキが何十年も行われてきたのです。

私の住む地域でも、数年前に州政府がフッ素化を勧めました。そのときに知りましたが、アデレイド大学の歯学部などでもコルゲートから多額の資金を受け取っているために「フッ素は歯にいい」の神話を絶対的事実として喧伝しているという調子なのです。

Wednesday, September 15, 2010

ボロ儲けした!!>グローバル・ピース・キャンペーン=工作員「きくちゆみ」

先の私の暴露記事には、阿修羅掲示板上で多くの支持をたくさんの方々から頂戴しました。ケムトレイルの掲示板でも、「きくち」のブログを読んでも全然心に届かなかったと言う方や、1990年前後にある集会で、やっている活動より、ひたすら自分を売り込んでいるような「きくち」を見たというコメントも頂戴しました。

知らなかったのは私だけではないかと思うほど、多くの方が彼らのおかしさに気づいていたということです。

考えてみると、私が実際に彼女に会った(時空をともにした)のは最初に彼女が私にアプローチしてきたアース・デイのパーティー、田園調布の元ダンのご実家に会いに行ったとき、香港に友人と行って、元ダン、子供たちと一緒に転勤で滞在していた彼女に会ったとき、そしておととし2008年、ニューヨークへ行った帰りに寄った日本で、藤田議員のオフィスで と、なんとたったの4回しかなかったことに気づきました。

何故そんなにちょっとしか会ったことがないのに、ここまでの親近感というか仲間意識を私が持っていたのかを考えたら、

Monday, September 6, 2010

厚生労働省医薬食品局審査管理課からのお返事

7月30日に出した私の質問への回答が、厚生労働省医薬食品局審査管理課から届きました。

まず私が書いたものから順番にアップします。
(ウェブの意見や質問を送るページから送信した)

Sent: Friday, July 30, 2010 4:15:20 PM
To: WWW 管理者
Subject: ご質問(子宮頸癌ワクチンは、詐欺で薬害事件です。至急、正しい対処をしてください。)
Auto forwarded by a Rule

メールが受け付けられました。

種別: ご質問
件名: 子宮頸癌ワクチンは、詐欺で薬害事件です。至急、正しい対処をしてください。

内容:

Thursday, September 2, 2010

今頃ですが、NHK解説委員「トイレでネクタイ自殺」報道の奇妙な齟齬


この事件、発生当時はさほど関心を払わずに、しかしなんとなく

「トイレのどこに、すべりやすいネクタイで大人の男性の体重を支えられるフックがついている?」

と違和感を感じたのです。犯罪捜査、法医学の知識のある友人に聞いても「足が床についちゃって、まず死ねないよ」と言下に否定されたし。

その後、「どうやら官房機密費がらみらしい」という噂を見聞きして報道された記事を眺めてみたら、2点ほど奇妙な齟齬をみつけました。

「初期報道の混乱だ」で片付けてしまえばそれまでなのでしょうが、どうにも気になるのでアップしておきます。

まずは影山氏が発見されたときの形容。
(画像はクリックで拡大するはずです)

Wednesday, September 1, 2010

"たけしのTVタックル"で、厚生省の現役医療技官が批判! 専門家から公費負担への警鐘も!

日本の知人から8月31日に、

昨晩の”たけしのTVタックル”という番組に、厚生省の現役の
女性医療技官が出演していて、医薬品を審査する機能がまったく
機能していないことを指摘していました。

審査官へのアンケートには、事前に厚生省から審査結果が
決められていて、審査する意味が無いとか、天下り機関への寄付金が
多い製薬会社の審査は甘くするよう指示が来るとか書かれていて
むちゃくちゃな役所であることを暴露してました。

若い有能な医療技官は厚生省の実態を知ると、ほとんど転職してしまい、
残ってるのは屑ばかりと、はき捨てるように言ってました。
この人に拍手喝采です。
(引用終わり)

というメールが来ました。
早速調べてみると

Tuesday, August 31, 2010

再トライ:"ZERO "日本語版、驚愕の「誤訳」の数々から

先に書いたとおり工作員に操作されて思うようにアップが出来ずにいるのですが、先ほどなんとかアップした画像数枚を使って、ホンの一部でも、彼らの誤訳がどんなだったかお見せします。

途中でまた真っ白にならないことを祈りつつ。(^^;
#しつこいトラッキング・クッキーが何度も侵入してきているので、それが私の行動を邪魔するあくどい操作と関係しているかも。

全部の誤訳を載せているわけにいかないので、中からいくつか画像に直したもの(クリックすると大きくなるはずです)、全体の半分ほどまで行ったけれども、それをブログにアップしていくときに、一番最後の方から上へ上へとアップしていったので、最初の方を飛ばして途中から数枚になっています(ややこしいけど、わかる人にはわかるでしょう)。

で、エクセルの一番左B欄に英語の原文があり(A欄はその部分の番号がふってある)、C欄に「童子丸開」こと「江熊ひろし」こと「?????」の"訳"、D欄にこの日本語版製作に絡んでいる某社社長の岡田氏の"直し"、E欄に「きくちゆみ」の"直し"、F欄に私の校正した訳とG欄に私の書いた注が載っています。

まずは519番のペンタゴンでの"NO"(全然ない)が「ほとんど~ない」に化けているもの

"ZERO "日本語版、驚愕の「誤訳」の数々から

まず、唖然!!です。

先に子宮頸癌ワクチン関連記事を書いたときにはさしたる問題もなく画像アップができたのに、この「誤訳」の数々からいくつかご紹介する記事を書き始めたら、最初に画像アップが出来ない!

何度もトライして、ものすごく時間はかかるけれども載るようになったので、数枚画像を入れ込みながら記事をかなりの長さ書いていたら、突如この記事テキスト入れ込み部分がまっしろになって、全部消えてしまった!!

ひどい妨害だ。
予想はされたけど。

Monday, August 30, 2010

子宮頸癌ワクチンは打たないで! - 渋谷区長からのお返事

これまで私は大田原市や志木市をはじめ、多くの「公費助成」を決めた自治体やメディア関係者、政治家等々にこの詐欺&薬害事件について警告し、公費負担等をやめてほしいと訴えてきましたが、今日、そのなかの一人、東京都渋谷区の区長さんからメールが届きました。

訴えをネットを通じて届けたのはもう数週間前だったと思いますが、再三の訴えに一度返事をくれた(が、その実まだ何らの行動も起こしていない)川田龍平議員を除けば、どこもみんな見ず知らずの私からの警告を無視した人たちばかりだったので、こうして返事をくれたこと自体はとても評価されるべきだと思っています。

しかしやはり内容が、残念ながら「しっかり騙されたままです」と言っているように私には読めました。(>_<)

まず、私が出したメッセージからご紹介しましょう。

Wednesday, August 25, 2010

断言 「きくちゆみ」と「森田玄」も、「童子丸開」同様の工作員だ!

重要: ここでの主張を営業妨害だの、名誉毀損だのと文句を言う場合には、必ずここに書かれたことが事実ではないという証拠を提示してください。それが出来ないということは、その申し立ても虚偽でしかない証拠に過ぎません。
============================================
「バルセロナより愛を込めて」こと「童子丸開」こと「江熊ひろし」こと「?????」がスパイだという現実に加えて、長年知己、といっても実は個人的にそんなに知っているわけではなかった「きくちゆみ」と、彼女が元ダンの日本生命勤務の男性との暮らしが「ハッピーではなかった」といって(子供が二人いたのに)浮気して、やがて結婚した「森田玄」もスパイだと気づきました。

やっとね。
相当長い間騙され続けてきましたが、さすがに今回はっきりしましたよ。

バル氏の誤訳満載の「ZERO」台本を、全部直して正しい翻訳をホンの数日で私が書き上げたのに、そのモロ工作員であるバル氏が書いたトンデモの文章
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/415.html
を、彼等は映画のパンフレットに入れるという。

"ZERO : 9/11の虚構"日本語版製作、いよいよ最終段階に!>しかし、驚愕の...

これは昨日アップしたあと一旦削除しましたが、新たに重大な事実に目覚めましたので掲載いたします。

尚現在私は、スパイのやっている「ZERO」日本語版製作には関わっておらず、彼等に私が直した訳や、それを参考に使うことも許可しておりません。彼等はなんとでも、好き勝手にやるでしょうが。

また、ここでの主張を営業妨害だの、名誉毀損だのと文句を言う場合には、必ずここに書かれたことが事実ではないという証拠を提示してください。それが出来ないということは、その申し立ても虚偽でしかない証拠に過ぎません。

(画像は2008年、ブリュッセルで開かれた上映会用ポスター)

ZERO : 9/11の虚構
恵比寿ガーデンプレイスで
2010年9月11日(土)~9月24日(金)
休館日もあるので、詳細は↓
http://gardenplace.jp/event/zero911.html

ジュリエット・キエザ前欧州議会議員が仲間と製作し、2008年2月には藤田幸久参議院議員も参加してブリュッセルの欧州議会場でも上映された"ZERO - Investigation into 9/11"の日本語版製作がいよいよ大詰めです。

その最終段階に入る一歩手前、締め切り3日前という土壇場で日本語版製作責任者から校正を頼まれた私は、下訳をやった「バルセロナより愛を込めて」こと「童子丸開」こと「?????」氏(以下「バル氏」)の誤訳の山に驚愕、唖然としました。

"ZERO : 9/11の虚構"日本語版製作、いよいよ最終段階に!>しかし、驚愕の... という

昨日、

"ZERO : 9/11の虚構"日本語版製作、いよいよ最終段階に!>しかし、驚愕の...

というタイトルでアップした記事は、言及した「責任者」からの削除依頼により一旦削除致しましたが、彼等の側からの、私が提示した条件に違反する行為および彼等の側からの、9/11の真相究明運動全体に対する背信行為が認められ次第、復活させ、それ以上の情報をアップする所存です。

以上、ご了承ください。

Saturday, August 7, 2010

長妻大臣、大至急、この詐欺兼薬害事件を止めてください! - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

akira@naga.tv へ、
豪時間 2010年8月7日 12:27:14に送信しました。
皆さんも是非、声をあげてください。

ウィキペディアも、本当の=事実である情報が書き込まれていても、モロ工作員と思しき人間が出てきてすぐにそれらを削除したりしますが、今現在しっかり

Friday, July 30, 2010

厚生労働省へのメッセージ - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

子宮頸癌ワクチンは、詐欺で薬害事件です。至急、正しい対処をしてください。

子宮頸癌の原因でもないHPVを予防するかもしれないが、海外で様々な被害が報告されているワクチンを承認したのはあまりにも無責任です。

カリフォルニア大学の分子細胞生物学者、ピーター・デュースバーグ教授とジョディー・シュウォーツも、HPVが子宮頸癌の原因とは到底考えられないと主張し「科学というより商売だ」と訴えています。

平成21年8月31日薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会議事録から読み取れることは「製薬会社が提出した報告が、彼等の他の報告との間で矛盾がないかを確認しただけ」であって、彼等の研究が正しくなされ、データが正確かどうかは検証されていない、です。

子宮頸癌を予防するかどうかの試験はしていない、「もしかしたら子宮頸癌を予防できるワクチン」 受ける女性はモルモット! 「やってみなければ分からない」「理解できない」「(GSKから)答えが得られていない」のに承認した厚労省


上のWHOの数字、「発癌性HPV(と言われるウィルス)感染者の約0.15%に相当」する人が子宮頸癌になるということは、HPVに感染した人々の99.85%は子宮頸癌にならないということです。

原因とは到底いえないウィルスを予防するために、加えてそれに感染した人の99.85%は子宮頸癌にならないというのに、そのうえ海外では多くの人々が死亡を含む有害副反応の被害を訴えているときに公費負担をして多くの女子に打たせる意味が一体どこにあるのでしょうか?

以下の議事録に出てくる人々の名は、のちに薬害裁判になったときに必要でしょうから転載しておきます。

正直に「利益相反に関する申出」をして「議決には参加」しなかった竹内委員だけが、その責任を免れられるかもしれません。同氏は、下に見られるように「倫理的に」問題があるのではないか?という指摘もされていました。ここで触れた数名の嘘つき医師とは大違いかと。

このあと9月29日に行われた薬食審・薬事分科会の議事録も見られるといいのですが、いずれにせよそこでも承認はおりたわけですから「問題視されなかった」ということですよね。

それこそが問題なんですが。
見やすさを考慮して改行を入れ、ところどころに私の疑問も入れました。


09/08/31 平成21年8月31日薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会資料

薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会 議事録

Sunday, July 25, 2010

知らなきゃ仏!? 糖尿病薬で、袖の下(?)をばら撒いていたと思しきグラクソ・スミスクライン


3月当時に目にしていたのに、中々ご紹介できなかった話です(時間がなくて)。

今年3月19日付けの英紙インディペンダントの記事に、「心臓発作を起こす危険性が問われたグラクソ・スミスクライン社の2型糖尿病薬アヴァンディアを支持した10人中9人以上の科学者(医師)が、製薬業界と金銭的に繋がっていた」と報じられていたのです。

抗がん剤で殺される


慶應大学の近藤誠さんが1995年にお書きになった『患者よ、がんと闘うな』は読むまでいかなかったのですが、読んでみたいと思って関連した新聞記事の切抜きをずっととっていましたっけ。

放射線科の先生ですから致し方ないですが、私はたとえ癌になったとしても放射線治療も受けるつもりはありません。だって、広島・長崎の悲劇を覚えていますよね? 

そして一歩踏み込んだこのビデオ、船瀬俊介さんの「抗がん剤で殺される」

Saturday, July 24, 2010

「蛾」入りの遺伝子組み換え・劇薬ワクチン、打ちたいですか?

大田原市市長へ送った質問メール へのコメントで2tarouさんが教えてくださったのですが、この“子宮頸癌を予防する”といわれているワクチン、サーバリックスは「イラクサギンウワバ細胞由来」の、「日本初の遺伝子組み換えワクチン」であることが、新薬の承認審査に関する情報サーバリックス」申請資料概要、「審査報告書」及び「審議結果報告書」をご覧になるとわかります。

組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(イラクサギンウワバ細胞由来)
昆虫細胞をタンパク質発現細胞とする本邦初の遺伝子組換え製剤である


つまり、この蛾の細胞が使われているということ。

(写真はここより)

Sunday, June 13, 2010

ロンドン・オリンピックのマスコットは All Seeing Eye(ホラス神の片目)

超、大金持ち」というくらいでは到底その富の巨大さを言い表せないと思われる盗人、大銀行家や欧州の王族などを頭とする陰の政府イルミナティが「何かやらかすだろう」と思われている年、2012年に開催されるロンドン・オリンピックとパラリンピック。

そのロンドン五輪のマスコットが5月半ばに英紙で発表されています。

London 2012: Olympic mascots Wenlock and Mandeville unveiled

London Olympics 2012: Meet Wenlock and Mandeville, drips off the old block 

見た途端に「モロ、万物を見渡すホラス(Horus)の目、All Seeing Eyeじゃないか!!」と思ったのは私だけではないと思いますが

Sunday, June 6, 2010

ついでに、オーストラリアのケムトレイルも

ついでに、こちらオーストラリアで撮ったケムの写真を少し載せます。
クリックすると、拡大します。

中央のはもとより、左右などに見られるちょっと色の変わった雲はケムのひとつの特徴だと思っています。成分といわれるバリウムやアルミのせいなのか、他の物質なのか? とにかく、見て不気味。そして、見渡す限りケム!

ケムトレイル:大阪の空です - レニー ほか

またまたケムトレイルの掲示板からの転載です。

周辺にある綿雲と、全然違うでしょう。
それがみんなケムです。

2枚目の写真も、線のように写っているもの以外も全部ケムに見えます。皆さんも、空を見上げて注意してください。

大阪の空です - レニー
2010/06/06 (Sun) 10:35:56

ケムトレイル:『気づきのこころ』パート1『空から 白いわたごみ』 - 青森の狸

ケムトレイルの掲示板から転載します。
こういうのを見たら、本当は絶対に素手などで触らない方がいいと私は思います。

『気づきのこころ』パート1『空から 白いわたごみ』 - 青森の狸
2010/06/06 (Sun) 11:59:45

青森の狸です!『気づきのこころ』が 反応しました!!

『気づきのこころ』とは普段、一般的に何でもない事が私から見るとおかしい?とか何か変だ?みたいな感性を狸は言います!(ケム家族の方は 当たり前ですがね)

Sunday, May 30, 2010

またHAARPに動きが

仲間から知らせが来て開けてみると、

ending date: 20100530
次を開けると、

Thursday, May 27, 2010

シャドー・プレイ ‐ 隠された手 1/7 米国製のでっち上げテロ

オーストラリアの映像作家、ジリアン・ノーマンがここ数年かけて製作しているドキュメンタリーが遂に完成になりそうです。

先ほど届いたそのお知らせ同報メールに、この映画のために以前は彼女と組んでいたシドニーのジョン・バーシル(スパイと判明!)が入っていなかったのが、興味深い。どうして入れてなかったのかな? 彼女も気づいたからかな?



一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
人気ブログランキングへ

Wednesday, May 26, 2010

『一体、何を撒いているんだ!?』 - G・エドワード・グリフィンのケムトレイル・ドキュメンタリー


『マネーを生みだす怪物』(在庫状況「ご注文いただけません」というのが、とても興味深い)の著者で、私も2008年3月のシドニーで開かれた会議で会ってお話したG・エドワード・グリフィンが今、ケムトレイルのドキュメンタリーを製作中で、さきほどアメリカの仲間からその予告編ビデオのリンクが届きました。

Monday, May 24, 2010

「原因」ではない「ヒトパピローマウィルス」 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

以前にも、インドネシアのトゥリーマンと呼ばれる男性のイボの話スピードは殺す=スピード違反は警察の儲け問題から「原因」というものについてご説明しましたが、まだよくわかっていない方が多いようなので、再度その「原因」について考えてみましょう。

まずトゥリーマンの場合。

ヒトパピロマウィルス(HPV)によるイボが、普通の人なら自然に治ってしまうのに彼の場合は免疫不全があって治らず、木の皮が生えたような皮膚になってしまった。

しかし、彼の奇病の原因はHPVではなく「免疫不全」だった。
そしてその「免疫不全」の原因は、「非常に珍しい遺伝障害」だと。

もしHPVが、彼のような"木の皮"皮膚の原因であるならば、それに感染した人が全員ないしは大半が彼のような皮膚になるはずですが、そうはなっていませんよね。

ディディを診察したアメリカのガスパリ医師の弁をもう一度、

Tuesday, May 18, 2010

「性交で感染する」ってホントなの? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

日本でも海外でも「子宮頸癌の原因はヒトパピロマウィルス(HPV)だ」と言われ、そのHPVの感染経路は「性交だ」とされています。

しかしながらフィンランドで行われた調査(米国微生物学協会の臨床微生物学ジャーナルでの同論文紹介ページ)で「高リスクタイプのHPV」の親子(乳幼児)間の感染を調べたところ、調査対象の78家族のうちの6家族(8%にあたる)で、乳幼児だけが高リスクHPVに感染していたことが報告されました。これは親からは検出されなかったのに、赤ん坊だけ感染していたということです。

また「出生時に採取したサンプルから、生殖器にHPVのDNAが検出された新生児が15%、口腔で検出されたのが10%あり、それが6ヵ月後にはそれぞれ18%、21%のピークに達したあと24ヶ月で10%へと減少していった」と記されています。

水を癒そう! 世界各地で、命の源である水に祈る日

今朝ほど米国の仲間から来たメッセージです。
「5月18日」とありますが、これは米国時間なので あと半日近く経つと向こうの東海岸が朝(人々が活動する時間帯という意味で)になりますから、なんとか皆さんにも間に合うでしょう。(^^)

私たちの体の3分の2は水だと言われ、地球の表面積の3分の2も水です。

加えて私たちは、脳やDNAの3分の一しか使っていないとも言われています。それが100%使えるようになったら、一体どんなことが出来るのか? 

そんなことに思いを馳せながら、あなたも参加できる時間に参加してみませんか? 彼らはすでに4日間に渡る祈りを続けているので、参加できるのが米時間18日の何時であろうと助けになると思います。

この祈りを主催しているのはネイティブ・アメリカン(俗に言うアメリカン・インディアン)でカリフォルニアとネヴァダに広がって住んでいたワシュー・トライブ(ワシュー族)のメンバー、マーシャル・"金色の鷲"・ジャック

Monday, May 17, 2010

徳島新聞へのメール&一番失望した「無視してる人」は - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

豪時間(日本時間プラス1時間)で2010年5月10日 14:30:23(午後2時半過ぎ)に、徳島新聞宛てに以下のメールを出しました。メルアドは同紙サイトでみつけた jouhouアットtopics.or.jp(「アット」を@に変える)。

メールの件名は

子宮頸がん予防ワクチンについて‏

徳島新聞御中、

貴紙のサイトで

子宮頸がん予防ワクチン
12歳と40代の接種 効果は
2010/5/9 10:28
http://www.topics.or.jp/special/122545452297/2010/05/2010_127336861757.html

を読みました。

Saturday, May 15, 2010

出来レースだったノーベル賞 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

以前の投稿、
子宮頸癌はヒトパピロマウィルスが原因か? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!#3
でご紹介した、子宮頸癌の生体細胞のなかにヒトパピロマウィルスのDNAを1983年と1984年にみつけたドイツのハラルド・ツア・ハウゼン教授。

彼はその"功績"に対して2008年のノーベル医学賞を受賞しましたが、そのときの選考委員のなかにはなんと製薬業者の重役がいたのです。

Thursday, May 13, 2010

「全額助成」で毒入りワクチンを女子に接種させ始めた大田原市


遂に第一回の接種が行われたようです。

「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら? - 子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!

でご紹介した東京新聞が、私の送ったメッセージは無視したまま

大田原市市長へ送った質問メール

でご紹介した大田原市における接種のニュースを載せる。
上の市長からも、返事は一切ありません。

独自に調べもせずに、お上や製薬業者の言うことを鵜呑みにしているだけなのか? それとも、すべて知っていて黙らされているのか?

Monday, May 10, 2010

大田原市市長へ送った質問メール

阿修羅掲示板の投稿についたコメントに、大田原市に電話してこの件を問いただしてくれた方からのものがあったので、2010年5月6日豪時間午後1時半過ぎに以下のメールを大田原市宛てに送りました。

送った先のメルアドは大田原市のサイトにあったもので(kikakuアットcity.ohtawara.tochigi.jp 「アット」を「@」に変える)、件名に「大田原市市長、質問です。‏」と入れたので、市長に回してくれるものとみなしました。

大田原市市長、質問です。‏

大田原市市長殿、

貴市のサイトで

大田原市集団接種による子宮頸がん予防接種の実施に関する要綱
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/reiki/act/content/content110001236.htm

を拝見しましたが、この子宮頸癌予防ワクチン
と称されるものは海外で多くの死亡や重度の
障害を含む被害者を出しています。

ペンタゴンに突入したのは、アメリカン航空のロゴをつけたミサイル...

「新たな9/11のビデオ」と称して、Disclose.tvサイトにアップされた映像。これが本当に本物なら、私の解釈と辻褄が合います。

中には、「アメリカン航空のロゴをつけたミサイルらしきを前に記念撮影した」風情の兵士たちの写真も。

Saturday, May 8, 2010

5月29日(土)、映画「シロタ家の20世紀」の上映会 日本国憲法の起草に関わった女性一家のドキュメンタリー


CHANCE FORUM MLの、千葉卯京からのお知らせを転載します。

ベアテ・シロタ・ゴードンさんについては、私が過去所属したTUP速報の菅原秀さんが2003年に直接会いにいらしたときの報告がありますので、それもあわせご覧ください。

TUP速報162号 03年8月19日 
日本女性こそイラクの女性支援の適役だ
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/163?viscount=14&expand=1

Tuesday, May 4, 2010

アース・デイ会場で、一青年が真相究明のためのアクション!

またまたコンピューターの不調で、思うように更新ができずにいます。(-_-;

しかし、そんな状況も吹っ飛ばしてくれるようなニュースが日本から来ました。

アフガン、イラクに「テロとの戦い」、加えて「私たち市民の自由と権利を奪う(権力者から私たちへの)戦い」という超インチキな戦争の大元である9/11の嘘を暴くため、一青年が日本のアース・デイ会場で9/11のアクションをしてくれたのです!!

岐阜のmiso(ニックネーム)さん、この素晴らしい手製のポスターを掲げて「チラシを100枚と9.11の嘘をくずせDVDコピーを30枚もって」3時間の活躍!

Sunday, April 18, 2010

9/11に使われた航空機に関して、ほとんど知られていない事実

英語版ブログには3月21日にアップしたのですが(やることが山と!でも体はひとつ)日本語版を中々出せずにいました。

英語圏のトゥルサーの間ではつとに知られた秀逸なビデオ「WTC7--これはオレンジです」(英語ですが、一番下に)の作者で、引退した映像作家(広告映像の監督、ナレーター等)のアンソニー・ローソンが、

例によって多くのメディアが完璧に無視している非常に鋭い指摘をしてくれました。今年3月18日付けのセイラム・ニュース掲載の記事、タイトルは

Saturday, April 17, 2010

京都新聞、4月18日のイベントを紹介!

去年暮れのリチャード・ゲイジ日本公演ツアーのときに見られ始めたことですが、メディアの9/11Truthへのアレルギー(??)にも変化が出ているように思います。

あの日から何年もたって、やっと感情に左右されずに事実をみつめる目が機能し始めたのかもしれません。

今回、京都のイベントにも京都新聞が記事を書いて紹介してくれました。
本当に、ありがたいことです。
これも西牟田先生やスタッフの方々の努力の賜物だと思います。

これで一気にチケット売り切れ、満杯になってほしいですね!(^^)

米同時多発テロ検証する討論会
京大で18日、学生制作の映画も

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100414000030&genre=G1&area=K00

Friday, April 16, 2010

Wednesday, April 14, 2010

いよいよ今度の日曜、4月18日は京都へ行こう!!

去年のリチャード・ゲイジ大阪講演会のヘルパーのお一人で、「ローで減量した」yushさんからのメールを、色々入れ込みながらご紹介します。彼女はこの京都大学でのイベントのスタッフをしている、大変行動力のある方です。

オーストラリアでは元保健省大臣やエンジニアたち、弁護士などに加えてシドニー大学のデイヴィッド・リーファー博士も9/11の真相究明に声を上げてはいますが、彼らが自主的に推進力となって動きを展開しているというところまでは行っていません。しかし日本では、去年のリチャード・ゲイジ、立命館大学での講演に続いて京都大学の教授がみずから乗り出し、ご自分でチラシを学生さん等に配りながらこのイベントを企画してくださっています!! 

早くから9/11の公式説への疑問を呈していた長崎大学の教授も参加して、今回はおみえにならないみたいだけど鹿児島大学にもひとり教授がいらっしゃいますし、もうこれは日本における「9/11の真相を求める学者の会」が発足するしかない!?と期待しているほどです。(^^)

では、yushさんのメールから

きくちゆみさんファンの方々 18日は、京都で彼女に会えます。

Monday, April 12, 2010

勇敢な元海兵隊員、テレビでケムトレイルの説明をする!!

メルボルンでオーガニック・ショップをやっている友達からリンクが送られてきました。

元海兵隊員で、今は気象学者というか気象予報士のケヴィン・ロリスが、オレゴン南部とカリフォルニア北部の州境の町オレゴン州、メドフォードのテレビ局からの天気予報放映中にケムトレイルの説明をしています!!

ビデオの1分過ぎから、彼の説明:

カリフォルニア南部と北部では、ちょっと変わった状況が見られます。

このレーダーのサイクルのはじめの方は、まぁ、平凡でよくある図なんですが、それからこれらの独特な帯状になった雲がこの地域に入ってきます。

Sunday, April 11, 2010

現在進行形の"人体実験"である子宮頸癌ワクチン

日本の仲間が、先般ご紹介した週刊朝日の子宮頸癌ワクチン関連の記事の内容を知らせてくれました。

二人の産婦人科医の執筆ということですが、

金沢医科大学産婦人科准教授 笹川寿之
金沢大学附属病院産婦人科講師 打出喜義

私が希望していたような事実の指摘はなく、かなりガッカリしました。
しかし、中にこういう記述があります。

オーストラリアやイギリスなど約30カ国は公費負担をしています。これらの国では子宮頸がん検診の受信率が70~80%に達しています。それに加えてワクチンを導入することで、ほんとうに子宮頸がん死が撲滅できるかどうか観察している、つまり、効果を検証中だからこそ、公費負担にしていると考えられます。
(引用終わり)

効果を検証中だから、公費負担にしている
ということは、要するに「人体実験している」ということですね。

これと同じ主旨の主張を、英国の医学誌ランセットにみつけました。

Saturday, April 10, 2010

インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる

ロンドンの仲間が送ってくれたリンクがすでに開かなくなっていたのですが(これは多分リンクのURLが変更になったためかと思う)、タイトルで検索したらいくつも出てきました。そこのトップに出た

Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die
http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681

を見てみましょう。
要旨は、

インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた

というニュースです。
インド国内の薬局で販売されているヒトパピロマウィルスのワクチン、ガーダシルに関する記事の続きは

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早発初経。
女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。

Thursday, April 8, 2010

「世界を救う」男を演じ続けるビル・ゲイツ

以前も
ビル・ゲイツ - 新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる!
でお伝えしたとおり、マイクロソフトの総帥でイルミナティのメンバーであるビル・ゲイツは彼らの目的のひとつである世界人口の削減へ向けて、かつ己の巨額の富を守るための税金対策の一環としてあちこちに"善意の"献金をして"地球と世界の人々を温暖化(人為説という嘘)から守るため"、活動しています。

前回のテーマであった人口削減のための(毒入り)ワクチンに続いては、予定されたとおりの"原発による二酸化炭素削減"というシナリオが大々的に公表され始めました。

阿修羅掲示板でtaked4700さんが投稿されたリンクをご覧ください。
その内のひとつはここにアップされています。

【週刊朝日】 子宮頸がん予防ワクチンキャンペーンの「危うさ」-現役産婦人科医が警鐘

先般週刊朝日が9/11のまともな記事を書いてくれたことを思い出し、数週間前に

「この件も是非書いて戴きたい!」

とお願いメールを出したのが功を奏したのか、それとは無関係で出されたものかはわからないのですが、(^^; 今発売中の同誌に子宮頸癌ワクチン関連の記事が出た模様です。

exciteニュースの注目記事ピックアップには

Wednesday, April 7, 2010

ニューヨークニュージャージー港湾管理委員会、9/11 WTCの鉄骨を「もらってくれ」

ニューヨークニュージャージー港湾管理委員会が、9/11に崩壊した世界貿易センター(WTC)タワーの鉄骨を自治体やNGOに「もらってくれないか」と呼びかけています


どのような目的で、どの部分をどこにどんな風に展示するつもりかなどの詳細を書いて、所属機関のレターヘッド(その機関が公式に使う便箋)を使ってリクエストを出しなさいと。宛先・メルアド等は上述のページに載っています。

真相究明を進める私たち側の誰かが少しでも、犯罪の証拠として入手できるとよいのですが。


↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

HAARPがまた揺れているようです。

アラスカ、HAARPのフラックスゲート磁力計がまた揺れているようです。

Ending Date: 20100406 分は

Monday, April 5, 2010

デジタル時代のクロップ・サークル?

アラスカにある米軍の気象兵器施設といわれているHAARPと似たような施設が西オーストラリアにあることを、阿修羅掲示板への投稿で以前、紹介しました。

<関連>
今、見られる方はここを開けてください。豪、気象庁のレーダー映像 
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/699.html
おかしなオーストラリアの天気事象 - HAARPか?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/704.html
失礼、「ダーウィン」ではなくて
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/705.html
2008年8月に、日本の気象庁サイトにも出ていたリング。日本のHAARPが、アラスカのHAARPに対抗している?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/719.html
MUレーダーも、
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/721.html
インドネシア上空に現れた不吉な雲
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/720.html
今、また出ています。今度はどす黒いような赤で、ブリズベン近く
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/723.html
円が点滅して消えているときに、数本、放射状の白い線が
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/724.html
「ふぐり情報を真に受けて騒いで」いたとか言われましたが、お忘れでしょうか?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/739.html

Sunday, April 4, 2010

日本、米国、英国と、豪州のケムトレイル

世界中で、温暖化人為説の嘘を利用して「太陽光を私たちに与えないため」(万病を治癒できるビタミンD摂取をさせない)ほかの複数の目的のためにケムトレイルが撒かれています。

アメリカの仲間からは、豚インフルがはやり出した頃に「ウィルスを入れて撒いてるぞ」と警告が来ました。

「そんな馬鹿な」と思われる方がいらっしゃるでしょうけれども、普段から撒かれた下にいると気持ち悪くなったり頭痛がしたりする経験をしているので、ケムトレイルの目的の中には私たちを病気にする役割も確実に入っている、と思っています。

ドイツでは、ドイツ議会のサイトに市民が署名集めをできるというページがあるそうで、私のYouTube上のおともだちが「そこに『ジオ・エンジニアリング(ケムトレイルのこと)は禁止してくれ』というページを作って、2,000人以上が署名したよ!」と知らせてきました。ドイツ語ですが、こちら

また、ビデオもいくつかご覧ください。

Friday, March 26, 2010

暴かれたネット上の検閲と不正な操作

以前にも書いたと思いますが、より多くの人々に読んでもらおうと思って入った「人気ブログランキング」が、私がブログ記事を書くたびに、その更新情報を何故か受け取れずにいて、Q&Aをちゃんと読んだうえで「ヘルプ」に連絡してなんとか対処してもらおうとしたのに、お定まりの返事をくれるだけで終わりだったという状況がありました。

「ブログの更新が3ヶ月ないと、そのブログは削除される」と確か規約にありましたので、実際は更新しているのに「この調子ではやがて削除されるだろうなぁ」と思いました。

また他方、その問題の原因として「子宮頸癌ワクチンの嘘を暴いていたので、それを検閲され、止められたのだろう」と思っていました。せっかく日本で大々的に売り出したこのインチキ毒入りワクチンの真実を人々に広く知られては、彼ら極悪犯罪人たちのボロ儲けが不可能になりますからね。ネット上にも工作員は山といるし、彼らも儲けがかかっているので必死でしょう。

その私の推測が正しかったと証明するかのように、前回の記事ではそのキーワード(子宮頸癌ワクチン)がなかったせいか「ブログが更新された」という情報がちゃんと「人気ブログランキング」に届いたようです。

しかしながら、彼らはしっかり検閲・操作をしていました。私の記事タイトルに使われた文言で「記事検索」をかけると

Wednesday, March 24, 2010

週刊金曜日インタビューの見逃せない事実

日本の仲間から、今発売中の週刊金曜日に掲載された貴重なインタビューが送られてきました。


この「山崎淑子」さんという女性の存在が今まで知られていなかったこと自体、ちょっと不思議という気もしますが、彼女の主張の中で特筆すべきは

9/11当日に「超望遠レンズで北側から一機目の激突の瞬間を撮った映像がオンエアされて」いたという話です。

その話が本当だとしたら、それはとりもなおさず真犯人サイドの人間が撮っていた映像にほかならないと思われるからです。

Sunday, March 14, 2010

ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った

2007年7月21日(土)に発信された翻訳記事をお読みください。

9/11をはじめ、今の世の中で本当は一体何が起きているのか? 
を知るうえで非常に重要なインタビューです。

Saturday, March 13, 2010

【必読】 9/11の「真の調査」とは? - NYC CAN 「どのビルだって?」キャンペーン

2001年9月11日、ニューヨークの世界貿易センターで勤務していた26歳の息子ボビーを殺された父親のボブ・マックィルヴェインが、ニューヨーク市議会のメンバーに、航空機の突入もなく崩壊した第7ビルの真相を調査するよう要求しようと助けを求めています。

9/11事件の責任の所在を追求する、ボブを含む犠牲者遺族や、救出に駆けつけた人々、生存者や意識ある市民たちの集合体NYC CAN(NYC Coalition for Accountability Now)は、ニューヨーク市民と全米のアメリカ市民に「3月15日から17日間、ニューヨーク市議会のメンバーに電話やファックスで真相究明のための要求を突きつけるキャンペーンに参加してください」と訴えています。

ボブには2008年ニューヨークで会いましたが、小柄な体に息子のボビーを殺された悲しみと怒りを一杯に詰めたまま、基本的には私と同じように一匹狼的に、他と協力し合えるところは協力して、日々真相を求める活動をしている正真正銘のトゥルサーです。英語ですが、ビデオを。

Monday, March 8, 2010

新型インフルワクチンのみならず、子宮頸癌ワクチンでも流産!


日本では私の不安をよそに、地方自治体などが子宮頸癌ワクチン接種のための費用支援を発表しています。

テレビでは山田邦子に続いて仁科亜季子が登場してこの詐欺&薬害でしかないワクチンを視聴者に勧めていると聞きます。

また女子大生対象のピンクリボン・キャンペーンとかいうものまで展開されていて、これまでブログで紹介した以外にも下野新聞社や、そのキャンペーンに関係した人および大学生相手の新聞サイトにもメッセージを送りましたが、今のところ返事をくれた方は皆無です。

その中のお一人は、公費助成を要求する署名サイトに名のある慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科専任講師殿です。おや、今そのサイトを開けてみたら様子が変わっていて、その講師のお名前はトップ・ページには見当たりませんでした。

私のメールが効いたのかな?と一瞬思ったが、こちらのページにしっかり載っていました。トップ・ページで彼女の代わりに発起人共同代表として出ているのは、上述の仁科亜季子です。

片や去年の記事ですが、新型インフルワクチン関連で今みつけて改めてショックを受けた記事はこちら。

Sunday, March 7, 2010

メルセデス・ベンツ社の専門家、「スピードが死亡事故を起こすわけではない」

先に私は子宮頸癌はヒトパピロマウィルスが原因か? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!#3のなかで、

そしてここでこの解釈が正しいとすると、それは近年わかってきた「スピード違反の嘘」と似ていることに気づきました。

と、"原因とは何か?"を皆さんに考えて戴くための例として、死亡事故とスピードについて書きました。
ちょっとふり返って、私が書いたものを読んでみてください。↓
===============================================
「スピードを出すと事故を起こす」というすり込み/プロパガンダのもと、順法速度以上のスピードを出すとつかまって罰金を取られます。「これは当然のことだ」と信じ込んでいる人がほとんどだと思いますが、実はこれは「警察の収入源でしかない」という声があちこちから上がっているのです。フッ素の嘘と同じで、これはもう長年洗脳されてきたようなものですから何の疑いも持たずにいた方には到底理解されにくいでしょうが。

確かにスピードを出しすぎて事故を起こしたら、スピードが遅いときと比べて悲惨な結果にはなるでしょう。しかしスピードを出すこと自体が事故の原因ではない。現に高速道路で100km出している車が全部事故を起こしているかといえば、答えはノーです。

Friday, March 5, 2010

9/11市民講座@京都大学、毎週土曜日午後2時から

長男のボビーを世界貿易センターのタワーで失ったボブ・マックィルヴェイン氏。「私たちの息子の名を使って戦争などするな」と訴えている
飛行機より幅も短く、高さも低い穴しかできなかったペンタゴン
(飛行機のイメージは合成)
ペンタゴン--建物の側から手前に倒れているフェンス。
建物内部から外に向かって爆発があったことを示している
こんな程度の火災で(もうちょっと勢いよく燃えている側もあったとはいえ)
水平方向均一に、一部自由落下速度で全崩壊した世界貿易センター第7ビル
-----------------------------------------------
京都大学大学院経済学研究科の西牟田祐二教授からのお知らせ

Thursday, March 4, 2010

杉並区役所あて 「区政へのご意見・ご要望・ご提案など」

区政へのご意見・ご要望・ご提案など
(全角1000文字程度以内でお願いします)
https://www2.city.suginami.tokyo.jp/opinion/opinion_box.asp

子宮頸癌ワクチンの公費負担について

子宮頸癌ワクチンは、詐欺兼薬害事件です。

海外での情報が言葉の壁によって入りにくいからご存じないのかもしれませんが、公費負担をすることによって接種を受けるものが増え、それは同時に被害者を生むことになります。

日本では堂々と「子宮頸癌予防ワクチン」と呼んでいるけど、海外ではすでにそれでは詐欺になるので「HPVワクチン」という呼称に変更しているし、ドイツのコッホ研究所などからも、その効果に疑問の声が上がっています。

Tuesday, March 2, 2010

アル・ゴア 『不都合な真実』にある35の科学的間違い

先月、仲間の自宅でモンクトン卿の講演DVDの上映会がありました。
以前からわかってはいたけれども、本当にこの温暖化人為説の嘘はひどいものです。

日本では何故かまだまだ知られていないようですが、こちらオーストラリアでは町中で見知らぬ他人に話しかけても大抵はこれが嘘だと知っています。

モンクトン卿指摘のアル・ゴア映画の嘘の数々、和訳してくださった方に大感謝!

これは二酸化炭素に無実の罪を着せ、やがては炭素税を導入し、人間が生きていること自体が罪だと人々に思わせ、彼等の目的である世界人口の90%を処分するのをやりやすくするための嘘なのです。

人口問題? 
それだって、十分に様々なものを分け合って不公平をなくせばいいことであって、ひたすら彼等が世界を支配する際、必要な奴隷以外は不要だから殺したい。そのための嘘なのです。

「そんなバカな!」と否定する前に思い出してください。

ビル・ゲイツ - 新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる!


マイクロソフトの総帥。ウォーレン・バフェットから巨額の資金ももらってビル&メリンダ財団を通して世界中にもっとワクチンを送り込むというビル・ゲイツの今年(2010年)2月の講演から。

ロスチャイルドの手下、モーリス・ストロングや核産業としっかり結びついているゴア

の大嘘、温暖化人為説をここでも大きく取り上げて、今後我々が如何に二酸化炭素を減らさなければいけないか、と聴衆に語りかけています。

そのなかで、ゲイツは

"The world today has 6.8 billion people. That's heading up to about nine billion. Now if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we could lower that by perhaps 10 or 15 percent."

「今、世界人口は68億で、90億に向かっているところです。さて、もし私たちがここで新たなワクチンや医療、生殖健康サービス(要するに中絶推進)を本当にうまく使えば、多分これを10%から15%程度は減らせるでしょう」

と言っている。
このビデオをアップしてくれたgrinreaperdutchphilがいみじくも書いていますが、

Sunday, February 28, 2010

2・25ケム大規模空爆テロ - 深刻な日本でのケムトレイル攻撃


↑peugeさん撮影、兵庫県南東部の空 2010/02/25 (Thu) 13:46:16投稿

2008年4月20日に町のスーパー近くと同夜我が家の頭上でケムトレイルを目撃して以来、オーストラリアにおけるケムトレイルのビデオや写真はデジカメで腐るほど撮ってあり、今後それをどう整理してお見せしようか思案してしまうほどです。

他方、日本でもケムトレイルを追って報告している掲示板をみつけました。

一日一回空を見上げて確認しよう。ケムトレイル
気象操作関連の情報交換の場

http://hidemaro36.bbs.fc2.com/

そこで、つい先日集中的な攻撃があったという報告がありましたので、発言の一部を引用しながら勝手にまとめて転載します。

これまで「ケムトレイルなんて、全然知らなかった」という方も、どうか空を見上げて、かつて見慣れた自然の雲とは違う異常な雲に気づいてください。そして周囲にもしも目や鼻、気管支系で具合の悪い人が出たら、「それはケムトレイルのせいかもしれないよ」と、教えてあげてください。

2・25ケム大規模空爆テロ

2010/02/27 (Sat) 02:09:43
by peuge
兵庫県南東部です。

昨日のケムによる大規模集中空爆(兵庫から大阪にかけてのかなり広い範囲で確認していますが、その他の地域にさらに広がっている可能性も十分あります)から一夜明け、26日は早朝からずっと雨の一日でした。分厚く垂れ込めたドブネズミ色の雲(?)から霧状物質がさらに地面まで降りてきて、街中が濃いモヤに包まれてしまいました。雲の上からは頻繁に、かなり低空からと思われる異様な爆(撃?)音がバリバリ響いていました。

高校無償化などの政策の、真の意図は何か?


左派や革新系には「正しいことだ」と思われることの裏に、イルミナティの邪悪な計画が潜んでいることは多くの方もご承知と思います。

9/11で推進された対テロ戦争は、9/11の真実を全然見ようともしない左派にすら「行き過ぎ」だったが、ゴア等の嘘で進められている温暖化人為説はモロ、上の典型です。

鳩山政権のいくつかの政策に関しても、段々アロン・ルーソとアレックス・ジョーンズが語っていたことの日本版という気がしてきました。

表層の論議に終わらせず、外国人参政権、重国籍法案ともども今後、よく見据える必要があると思います。

<参照>
ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った
http://www.asyura2.com/07/war94/msg/354.html

Sunday, February 21, 2010

"トゥリーマン"の異常現象の原因 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!#4

前回の記事で「原因とは何か」について触れましたが、その延長で「ヒトパピロマウィルスが原因」(?)で大変な目に遭っている男性をご紹介します。

インドネシアに住むディディ(英語のビデオでは「デデ」と発音しているが、インドネシア語のを見ると「ディディ」に近い)は、15歳のときにビルの建築現場で転んでひざに怪我をしてからおできが出来るようになったのですが、それがこんな工合に生えているのです。

足や手、腕のみならず顔や体にもできるようになって、地元では「トゥリーマン」(木男)、ネットで「半人半木」などと呼ばれるようになり、その間職も失い、女房にも逃げられ、サーカスの見世物になってなんとか暮らしたりしていたと。

インドネシアの医師たちもおできを取ったことがあるが、取って3週間もするとまた生えてきて、しかも生える速度が速まってしまったそうです。

毎朝の着替えから食事やトイレまで、親族や友人の助力なしには何もできない生活を余儀なくされていたディディ。二人の子供を養わなければいけないけれども、働くこともできないので、それも周囲の人々が助けていた。奥さんには逃げられたディディですが、捨てる神あればなんとやら、思いやりのある人々がまわりにいて本当によかった。でも、やっぱり大変。

2007年11月にアップされたYouTubeのビデオをご覧ください。

Saturday, February 20, 2010

子宮頸癌はヒトパピロマウィルスが原因か? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!#3

ネットを通じて日本での報道を見ていると、一般から専門の医師までが一様に「ヒトパピロマウィルスが子宮頸癌の原因だから、この("パピロマウィルスを予防する"と言われている)ワクチンを打てば子宮頸癌にならない」と主張しています。

本当にそうでしょうか?

2008年のノーベル医学賞を、HIVウィルスを発見したフランスの医師二人と分け合ったドイツのハラルド・ツア・ハウゼン教授は、100種類以上あるヒトパピロマウィルスの中から、2種類のウィルスを子宮頸癌の原因として確認したとされています。しかしネットで検索したところ、これはツア・ハウゼンの仮説の域を出ていないのではないか。果たして、科学的に立証された説なのだろうかという疑問を持ちました。ウィキペディアから、

Together with Ethel-Michelle de Villiers, who would later marry zur Hausen, this group isolated HPV 6 DNA from genital warts, suggesting a possible new way of identifying viruses in human tumors. This paid off several years later in 1983 when zur Hausen identified HPV 16 DNA in cervical cancer tumors by Southern blot hybridization [3]. This was followed by discovery of HPV18 a year later [4], thus identifying the culprits responsible for ~75% of human cervical cancer. This sparked a major scientific controversy with other scientists favoring herpes simplex as a cause for cervical cancer.

ツア・ハウゼンとのちに結婚したエセル-ミシェル・ドゥ・ヴィリエールとともに、彼のグループは生殖器にできるイボからHPV6のDNAを特定したが(訳注:1979年のこと)、これは人間の腫瘍からウィルスを確認する新たな方法の可能性を示唆していた。数年後の1983年、ツア・ハウゼンは努力の甲斐あってHPV16のDNAを子宮頸癌の腫瘍の中からサザンブロット法交配によって特定した。翌年にはHPV18を発見し、それで最大75%までの人間の子宮頸癌の原因である犯人を特定した。しかしこれによって、単純ヘルペスが子宮頸癌の原因だとする他の科学者たちとの大いなる論争を巻き起こすことになった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Harald_zur_Hausen
(引用&訳、終わり)

訳した冒頭、
「ツア・ハウゼンとのちに結婚したエセル-ミシェル・ドゥ・ヴィリエール」
とありますが、ノーベル賞受賞時のツア・ハウゼンの自己紹介文には彼は「1964年に結婚した」とあるので、上の記述が誤りか、離婚して再婚したかのどちらかでしょう。

些末なことはさておき、それでその論争がどのように決着したのか?と、先を見たのですが

ガーダシルによる被害 ギャビーの親友から - 子宮頸癌ワクチンは打たないで! #2

アメリカでガーダシルの接種を受けて、とんでもない被害に遭っている16歳の少女の親友が作ったビデオをご紹介します。

日本で販売されているのは4種類のウィルスを入れたガーダシルではなくて2種類が入ったサーヴァリクスですが、後者も英国等で同様の被害を出しています。

様々な方面からすでに多くの疑問や、悲痛な訴えが出されている子宮頸癌ワクチンは絶対に打たないで!
========================================
Gardasil - The Damage is Done: From A Best Friend's View
ガーダシルによる被害 ギャビーの親友カースティンから


親愛なる友、ゲイブリエル(ギャビー)スワンクに捧げる

成績評価平均、A4.0の生徒

学校代表のチア・リーダーで運動選手

ある日までは......

Friday, February 19, 2010

テキサスの飛行機事故は、一市民の革命だった!?


英語はもとより、日本語でも報道されているようですが、テキサス州オースティンにある国税庁(IRS)ビルに突っ込んだ小型飛行機パイパー・チェロキーPA-28は、明らかな意図を持って同ビルに激突したことが判明しました。

死亡したパイロットはジョセフ・アンドリュー・スタック(1956年生まれ)。上にリンクした記事でも触れている「遺書」は「声明文」と題されていて、彼がこの神風特攻隊のような行動に出るまでの経緯がしたためられています。冒頭を訳しますと

子供の頃からみんな「この世に法律というものがなければ、社会は無法地帯になってしまう」と教えられてきた。嘆かわしくも、幼い頃から「国民が国に奉仕していれば、政府はすべての者のために正義を貫く」といったことを教えられ、洗脳されてきた。更に「この国には自由があって、国を興した祖先たちが残した理念のためには我が命をも投げ出すように」と洗脳された。その祖先が残したもののひとつは“no taxation without representation”(訳注:米国が英国から独立する頃に言われたことで、英国での政治的発言権が与えられていないのだから英国へ税金は払わないぞ!という意思を表した弁。それが今となっては「米国内で税金を払えば、市民の政治的発言力は確保される」という幻想を国民に抱かせてきたと言えるだろう)だったことを覚えているかい? 私は、子供の頃の数年間ですり込まされたこういうゴミを、大人になってからの年月のすべてを使って捨て去ってきた。近頃じゃ、その理念のために本当に立ち上がろうとする人間はたちまち狂人だとか、反逆者だとか、もっとひどい呼び名のレッテルを貼られてしまう。

Thursday, February 11, 2010

「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら? - 子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!



東京新聞への要望 子宮頸癌ワクチンについて‏

東京新聞御中、

御社のサイトで

【社説】
子宮頸がん ワクチンに公的支援を
2009年11月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2009111502000074.html

の記事を見て、心底ギョッとしてこれを書いています。

子宮頸癌ワクチンはマーク(日本ではメルクと表記)のガーダシルとグラクソ・スミスクラインのサーヴァリクスのふたつがありますが、両者ともすでに世界で何人かを殺していて、先発のガーダシルの場合は確か(世界数カ国合計で)50名前後が死んでいて、ガーダシルのせいで死にかかっている少女の友人がビデオをアップしたりしています。

後発のサーヴァリクスの犠牲者数はまだガーダシルより少ないでしょうが、それでも英国で接種直後に亡くなった14歳の女の子など、決して看過してはならない問題なのです。

加えてもっと多くの女性や女の子が重度の障害を負うという憂き目にあっている、ひどい薬害事件です。

Wednesday, January 13, 2010

ありがとう、週刊朝日!

まず、これが中吊り広告


そして、表紙


それから、勇気あるジャーナリストと編集長が載せてくれた記事がこれです。

Saturday, January 9, 2010

週刊朝日、リチャード・ゲイジ インタビューを掲載して遂に発売へ!

英語版のブログでご紹介したのですが、「9/11の真実を求める建築家とエンジニアたち」の創始者リチャード・ゲイジは来日中に週刊朝日から取材を受けました。
Richard Gage briefs the members of National Diet of Japan 08DEC09

そのインタビューが掲載された週刊朝日1月22号が遂に発売されました!
といっても公式には1月12日発売の週刊朝日(1月22日号)なので、一般の書店などでの販売はまだ。しかし首都圏、キオスクの一部では1月9日発売だそうです。

Wednesday, January 6, 2010

「パパ、ママ、バイバイ」 - 横浜の米軍機墜落事件

CHANCE! FORUM MLでご一緒のあつこばさんのブログで
「普天間移設」は、どこかが受け入れるべきなのか?‏
を拝見した際に、同MLでこれまたご一緒している茅ヶ崎のオジサン(しつこく見えるので、「さん」を省略します)のコメントを見かけて、オジサンのサイトをちょっと覗いてみました。

そこで初めてこの事件を知ったのですが、むごい事故のうえに日本国民、という以前に人命をないがしろにした権力者たちの対応に怒りを覚えました。

ふたりの幼子を殺されたうえに、不当な扱いを受け続けた土志田和枝さんの無念は如何ばかりだったか。

Friday, January 1, 2010

2匹の熊が木から落ちたら... WTCタワーの崩壊

ニューヨーク、世界貿易センターのサウス・タワーとノース・タワーは2001年9月11日に崩壊しました。

権力者たちやメディアがいうように「航空機が突入した衝撃」や「それに続く火災」が原因であったとしても、その後起こった崩壊は単に「重力を利用した崩壊」だったはずです。

サウス・タワーの78階にたどり着いたオリオ・パーマー署長からは

「2ヶ所燃えてるが、ホース2本で消火できる」

という報告が入っていました。

グラウンド・ゼロで作業した消防士ジョー・カサリッジは

「110階建てのオフィス・ビルがふたつですよ。
机はない、椅子もない。電話やコンピュータもない。
僕がみつけた一番大きな電話の破片といったら、キーパッドの半分。
このくらいの大きさです。